小平さん、おめでとう。1番!!!
e0370226_17462492.jpg
e0370226_22273855.jpg


1992年の仮面ライダー(触覚がないです)
今日孫が来たので 出してきたら、何とこのポーズ。(こんなものまで取ってあります)
メダルを取った選手の 喜びの表情は何とも言えませんね。


先日 お雛様を飾りました。
今年は 雨水が仏滅で 大安の方が何となくいい気がして15日か20日,早めに15日にだしました
他のブログでもやはりそうされている方がいまして 思わずイイネしてしまいました。

4歳の孫は 自分の家のお雛様はママが手作りしたかわいいものなので、我が家のこの
お雛様には また別の印象があるみたいです。

e0370226_22312208.jpg
なんとなく近寄りがたくて 神様みたいな位置づけをしているようです。
かわいいねーと言いながらも 敬ってるのが伝わってきました。
私もお雛様を出す度に その時時 子供達への願いを 念じています。

ちびっこは去年のことも少し覚えていて、白い顔の人が怖かったと言っていました。

e0370226_22353627.jpg
 三人官女 のことかしら。 お局様ですからね 


男雛様のお顔がなんとなく羽生君風。切れ長の目が凛々しい


e0370226_22400668.jpg



この随身の方のおヒゲがじゃまで冠のひもが結びにくい。
皆さん どうしているのか といつも悪戦苦闘です。

e0370226_22333984.jpg
あの当時では安くもないけど高くもないランクの物でしたが、
大切に大切に扱ってきたので 今でもかなり綺麗だと思います。橘がかなーり色褪せてしまいましたが、、
出し入れするときは 手袋着用です。

いつまでも若くて お美しい女雛様 うらやましいですわ
e0370226_22374931.jpg



このご夫婦結婚32年めくらい
e0370226_22325924.jpg

昨日の羽生君の演技はLIVEはハラハラしてじっくり見られませんでした。
何度もやってくれるので 見返すことができて 改めて 感動です。
あの時パトリックチャンの 演技曲 ハレルヤ が 次の羽生君を祝福しているようで どきどきしながらも少し落ち着いた気分になりました。
スピンで回っているとき 白黒のモノトーンがとても美しかった

昭和50年代に少女だった おばちゃんは 槇村さとるの愛のアランフェス と おおやちきの雪割草を思い出していましたとさ、、








人気ブログランキング
にほんブログ村
[PR]
by kakanonokoko | 2018-02-18 23:08 | 暮らし | Trackback

編み物 編み機 毛糸玉

何故だか 冬になると 編み物がしたくなるんです。丁寧じゃないので 出来上がりはいまいちです
今年の冬は 憧れの モチーフ編みに初挑戦しました。

e0370226_16240447.jpg
色合わせに自信がないので ごくシンプルな配色で
これ 絶対そのうち ゴミになって 断捨離対象になると思うんですけど 編みたくなるんですよねー。

私が子供のころは 冬になると 手編みの 帽子 手袋 セーター カーディガンなどみんな身に着けていました。
編み機のCMもやっていました。 実家にもありました。

それに 学校の 椅子が こんなのだったので
e0370226_21264193.jpg

みんな座布団をしていましたね。こういう手編みのが 多かった
(画像お借りしました)
e0370226_16232171.jpg


着なくなったセーターをほどいて また毛糸玉にしたものが 実家から 来ています
母が存命のころ 家を片付けして もう自分は編まないから と 家に寄こしたものです。
でも せっかく編むなら 好きな色で編みたいですよね。
それに 並太くらいの糸じゃないと 目がつかれる
私が小さいころは細い毛糸しかなかった。ような気がします。
太い毛糸が売られるようになったのは いつ頃なんでしょうね

昭和50年代の後半くらいに 太い毛糸用の 編み機も発売されました
我が家にも プレゼントでいただいた あみむめも という太い毛糸用の編み機が 天袋の中にあります
それでちゃんとしたものを作った記憶は 無いです
調べてみたら まだ売っているんですね
e0370226_21381879.jpg
 これ書きながら思いました。 とりあえず古い毛糸は捨てます105.png
編み機は、、、どうしましょう154.png

簡単にできるアクリルたわしも 作り貯めています
手でちょこちょこと編めるのがいいです


e0370226_16245124.jpg
台所でも使いますが、 お風呂場にお勧めです。 湯垢はこれでこするとツルリンとなります。








にほんブログ村
[PR]
by kakanonokoko | 2018-02-08 21:29 | 暮らし | Trackback

今朝起きたら 窓の外が真っ白。
朝もやかと思ったら なんと びっくり!
雪です。10cm くらい積もっていて さらに降っています。
冬に逆戻り


寝室のエリア分けに使っている本棚(小)の方。


e0370226_21454242.jpg
実家を片付けたとき もらってきました。実家では電話台にして使っていました。

我が家は 大掃除の時 1年に1回だけですが、キッチンや リビングの木製の家具は スプレッジという 家具磨きを使って手入れします。

でも実家から持ってきた ここの本棚2つは全く 手入れしたことありませんでした。
先日 古い家と小さい庭の ゆきさん から オイルで手入れした方がいい と教えていたいただいて 
家具用オイルを買いました  亜麻仁オイル  こちら
と同じものですが Amazonでもう少しお安いものがありました。

封筒に入って届いたのですが 何気なく
e0370226_22003531.jpg
ビリッと開けたら おおーー
とても 華奢なパッケージで 力が強すぎて こんなに変形してしまいました。
蓋がついていない。

袋を開けて

e0370226_22042602.jpg

まず これを塗る前に 汚れを落とさなければ。
e0370226_22054253.jpg

天板部分 はこんな状態。
ここを 紙やすりで ごしごしごしごし

e0370226_22070015.jpg

まあまあの状態になりました。
それから 先ほどの ワックスを 布につけて 塗りこむというか こするというか
e0370226_22095125.jpg
艶が出て ぴかっ となりました。
他の部分は 紙やすりは かけず 汚れを拭くだけで ワックスを塗りました。

それで冒頭の 状態になりました。

中の整理もしなければ なりませんね。
あとこの硝子には レトロ硝子の ストライプの模様のシートを貼りたいんですけど そこまでするかなー。

こういう古い家具 古くなった状態しか見たことがないけれど 新しい時はどんな様子だったんでしょうね。
家具屋さんには こういう家具が並んでいたのでしょうか。
お手入れすると 愛着がわいてくるものですね。





  


人気ブログランキング
にほんブログ村
[PR]
by kakanonokoko | 2017-03-23 10:01 | 住まい | Trackback



先日 旦那も 自分の部屋の押入れを 掃除していました。
お互い 子供たちが片づけることになったとき ゴミばっかり と言われないようにしよう と話しています。
(あれ?私のところは ゴミと思われそうなものが多いぞ)

奥のほうから まったく記憶にないものが出てきた。 と持ってきました。
e0370226_22030248.jpg
e0370226_22050253.jpg
札幌オリンピックの 写真集。 買った覚えももらった覚えもないのに 何故か持っている。???
旦那は 聖火ランナーで 聖火を持って走ったそうなので多分 記念品で もらったのでは?
と推理しますが いやそんなの絶対もらっていない と絶対的自信を持って否定します。
どこからきたんでしょうねー。
私は 小学生だったので覚えているのは ジャンプの笠谷さん
e0370226_22091874.jpg
フィギアスケートのロシアの ロドニナ ウラノフ ペア
確か 何連勝もしていたはず。


e0370226_22104035.jpg

表紙のジャネット リン


e0370226_22131416.jpg
ほかの女子選手 今の選手地比べると 足がたくましいですねー。
e0370226_22150316.jpg
開会式の コスチューム なんとなく かわいく見えます。


そしてさらに記憶にない 絵葉書
e0370226_22165539.jpg
36とあるのが 昭和36年なのか 36名所なのか
この中はかなり衝撃



e0370226_22210182.jpg
画像処理していませんよ。 田舎の電波塔か?というような感じ
e0370226_22223057.jpg
中国の 地方都市のように見える 日本橋界隈
e0370226_22234909.jpg
ここが東京駅? 田舎のスーパーの駐車場?

あまりに面白くて ゴミに出さずに 今度は私の本棚に 置かれることとなりました。
あれーまたゴミが増えた







にほんブログ村
人気ブログランキング
[PR]
by kakanonokoko | 2017-03-20 11:00 | 断捨離 | Trackback


先日 娘の部屋にあったぬいぐるみを処分してもらうことにして 分類してもらいました。
e0370226_21194202.jpg
 タグ付きの新しいものや メジャーなキャラクターものを より分けてもらって
リサイクルショップに持って行ってみました。
この袋のほかにも あったので 分けた後45lのビニール袋にいっぱいになりました。

買い取りしてもらえないか してもらえても100円くらいかな 捨てるよりはいいかな 
くらいの気持ちです。
査定結果は 800円! あらー うれしい。
帰りにパン屋さんで パンを買って おしまい。

子供たちのものは 結構容赦なく 捨てさせるのに
自分のものは こんなものもまだ 持っています。
e0370226_21393196.jpg
シワシワですが、、 実家からの着物の間に挟まっていました。
昔々の 別冊マーガレットの 読者プレゼントのスカーフです。

e0370226_21420805.jpg
すぐ捨てればいいものを なんとなく なつかしさから その辺に置いておくと いつまでたっても その辺にあるわけで。
e0370226_21450056.jpg
これは りぼん の付録。 
睦 A子さんの ノート。かわゆい とか ウッソー という言葉 この頃はやった様な気がしますが、、遠い記憶
e0370226_21475930.jpg
かわいすぎて 使えなかった 中学生か高校生の私。
e0370226_21594531.jpg
1枚だけ使った 紙のシール。 裏に糊もついていないもの。
あの頃はこういうシールがよく本についていましたね。
シールや便箋や封筒を集めて 友達と交換したりしていました。
たぶん 今の子は そんなことしないでしょうね。

こんなもの 絶対使わないですから 捨てても 困ることもないんですけど なぜか 本棚の片隅に入っております。










にほんブログ村
人気ブログランキング
[PR]
by kakanonokoko | 2017-03-19 11:00 | 断捨離 | Trackback


この間 ちびっこに こけしを 貸して上げました
e0370226_21324547.jpg
これ ずいぶん昔 今は亡き姑が お土産に買ってきてくれたものです。
首の部分が きゅきゅっと 鳴って動く 鳴子のこけし。
ちびっこは 頭を下にして持って首を回して 胡椒をひく真似をして遊んでいました。

私が子供のころは たいていの家に 茶箪笥の上の硝子部分とか 箪笥の上とかに こういう お土産でもらったような
ものが 飾られていました。
こけしとか ポーズ人形とか  観光地の写真が入った たて とか
なんとなく ごちゃっと 入っていました。

他にも お返しについていた 短冊も壁に貼り付けてありました。(何故?)

こけし 捨てたいけど なんとなく 気が引けて 普段はリビングボードの奥にひっそりと置いてあります。
ここ数年こけしは 静かなブームらしく 新しいタイプのものも色々あるらしいです。

卯三郎こけし
かわいいこけしもいっぱい

この他にも お土産品と思われる品が 我が家には ありまして なんとなく捨てられない

e0370226_21505263.jpg
怖い? 多分 実家をかたずけた 兄が やり場に困って うちに回ってきたような記憶があります。
(大きなケースに入っていた フランス人形?ドレスを着たあれ。 は断わりましたけど。)
四国のこんぴらに行ったとき 同じようなのが売られていて 懐かしく感じました。
神様っぽいので 捨てられず 

e0370226_21532229.jpg
実家のガラスケースに入っていたんですけど これはかわいくて 自発的に 持ち帰りました。
e0370226_21543617.jpg
30年前の 東南アジアのお土産。 もっと黒っぽかったのが 次男が小さな頃 何故かこれを 歯ブラシで水洗いするのが好きで 色が剥げて木目が目立っています。
これも神様っぽいので 捨てられず
e0370226_21571341.jpg
一目瞭然 タイですね!
なんとなく 素朴な象とキラキラビーズの取り合わせが好きで 捨てられません。

e0370226_22005864.jpg
息子が網走で働いていたころ(オツトメではありません 念のため)
送ってくれました。お願いごとをするための 神様らしい。
願いが叶うとお礼に 装飾品をつけてあげる ということなので ウッドビーズで首飾りを作って差し上げました。
これも神様 捨てられない。

こういうものたち 絶対自分で始末をしていかないと 後をかたずける人の手間が増えるだけですよね。
神様は捨てる勇気がなく 神様コーナーのようにして 一か所に集めて並べてあります。
お土産物なんだから 割り切れば いいんですけどね。
でも 神頼みしたいときは お願いごとしたりしているの、、、、







にほんブログ村
人気ブログランキング

[PR]
by kakanonokoko | 2017-03-10 10:00 | 断捨離 | Trackback