惜しくない?これを失っても

これからお見せするのは 実家から持ってきた ほぼ50年は経っている食器ばかりです。
e0370226_14254402.jpg

このグラス。小さな頃から 戸棚のガラス戸のなかに入っていました。
使った記憶は、、、 無いです。
でもこの色付き硝子がとてもきれいだなー とずっと憧れていました。

e0370226_14261836.jpg
これはずっと 食器棚の中に入っていました。 
小さな頃は使っていた記憶がありますが 割れて2個しかなくなって            
使われなくなったのか戸棚の隅にあったのを 持ってきました。

e0370226_14265582.jpg
この3種類 それぞれ5枚づつあります。
緑の線のお皿だけ 叔母の家から 。
e0370226_14542971.jpg
上のゴールドとシルバーの花模様のお皿の裏に東陶園の文字 勝手にTOTOのお皿と呼んでいます

e0370226_15402175.jpg

多分ティーセットだったのだと思いますが、カップはなくなっています
この シルバーの繊細な柄が大好きで 我が家に来ました。

e0370226_14364768.jpg

これは4つありますが 湯のみ茶碗なのか、ちょっと小ぶりです。
かなり小さな頃 使っていたような 曖昧な記憶しかありません。
この古風なデザインが 捨てがたく 我が家の食器棚に。

我が家の食器の半分以上は 両方の実家から 引き出物をしまってあったものを 持たされたものです。
あまり思い入れがないので 断捨離を始めてからは 欠けたり 数が半端なもの きらいなものは捨てました。


でも この食器たちは 別なんですよね。
デザインが気に入っている というだけじゃなく
記憶を持っている食器 とでもいうか 、自分だけの思い込みですけど。

別になくても困るものではないけれど
惜しいという気持ちを捨てられないと 断捨離は進まないのだろうなー044.gif



e0370226_09011292.jpg

 



にほんブログ村人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
[PR]
by kakanonokoko | 2017-02-06 10:10 | 断捨離