タグ:インテリア ( 8 ) タグの人気記事

30年前のベッド 再び

寝室の天袋から出してきました。
e0370226_22350326.jpg
ちびっこが生まれるときに 用意したベビー布団。
ソレイアードの柄がかわいくて 一目ぼれです。
キルティングのステッチも 温かみがあって 奮発してしまいました。


もうすぐ また使うことになるので、 出してきました。
e0370226_22390451.jpg
ベビーベッドは 私の姉が 2人の子供に使い → 旦那の弟の家で3人使い → 10数年後 姪の家で2人使い
→ ちびっこが使い → もうすぐ使用予定

遥か30年前のベッドです。
うちの後は また姉の家に 戻ってゆくことになるでしょう。

うちの子供たちは 実家のご近所からいただいた 昭和40年ころの スチールパイプ製の ベビーベッドでした。。
使わなくなった後 廃棄処分にしたけれど 今あったら ペイントして素敵になっただろうなー。
e0370226_22474135.jpg
ちびっこがパパとお出かけしている間に 組み立てて セットしました。
見つけたらきっと 入って寝たがるだろうなー、 と心配していたら、
案の定 上りたがりましたが 小さな人しかダメなの というと すんなり納得して 拍子抜け。
でも、、、
e0370226_22510970.jpg
ベッドの下の収納部分に 入って あら牢屋かな?と思ったら
ペットショップの猫ちゃんだそうです。
ぬいぐるみも持ち込んで ご機嫌でした。 やれやれ 037.gif


にほんブログ村
人気ブログランキング
[PR]
by kakanonokoko | 2017-03-27 10:01 | 暮らし | Comments(2)

レトロな棚の中を 整頓しました。

先日 オイルを塗った寝室の棚。
中を整理するつもりで出してきた箱が リビングの棚用になってしまって
そこで はじかれてきた 3coinsのカゴを 寝室の棚に持ってきました。

e0370226_21221094.jpg
あら 棚の中も オイル塗ったほうがいいみたいですね。
昨日使った箱。 蓋は使わなかったので 余っていました。
その蓋3枚を利用して 簡易棚。といっても 2つの蓋を立てて その上にもう1枚の蓋を載せただけ。
そこに かごを載せて 高さのある空間を2つに分けました。
といってもこの下の部分にしまうものもまだないんですけど。

私の場合 こういう空間が 危険です。
つい とりあえず ここに置こう と 関係のないものを置いてしまいがちです。


e0370226_21291652.jpg
配置がしっくり来なくて パズルのように 入れ替え 入れ替え。
e0370226_21312494.jpg
これがいいかな?
e0370226_21340786.jpg
むむ! 引き出しが前後逆だ。 
それに下段の箱も高さがそろった方が よさそう。
薄い白い箱を少しカットして 大きさを変えて 上段へ。
e0370226_22044271.jpg




入れてあるのは 裁縫道具 アイロン 携帯オーディオ関係 。
棚下の引き出しには 子供の残した 筆記用具類。 かなり捨てましたが まだ2つかみくらいあります。
入っていた本は 大きい本棚の方に移動しました。


     ビフォー
e0370226_21454242.jpg
     アフター
e0370226_22122744.jpg
扉の 取っ手もそのうちいいのが見つかったら 取り換えたいです。(と、ずーっと思っているんですが)


にほんブログ村
人気ブログランキング
[PR]
by kakanonokoko | 2017-03-25 11:00 | 暮らし | Comments(0)

捨てられなかった箱を もう1度 利用してみる

今朝も起きたら 新雪がつもっていました。
きれいなんですけど もう いらないわー雪。


昨日 ワックスを塗った 棚の中を整理しようと 何かいいものがないか 
家にあった 使えそうなものを 思い浮かべてみました。

あります あります。 娘の部屋に 空き箱が. 場所をとっているのに 丈夫な箱なので
処分するのは 惜しかったもの。

e0370226_18160698.jpg
蓋もついています。

これならいいかな と出してきましたが 、、、、
うむむ    この箱は ここより あちらのほうが
e0370226_21514374.jpg
リビングの棚。 この1番上のかごは 3Coinsのもので ちょっといびつ。

このかごを 寝室の棚の中に入れて ここに先ほどの箱を入れてみます。
e0370226_18242613.jpg
サイズは問題なし。 下のリメイク引き出しと デザインが違うけれど  白くて 明るくなりました。
使いやすいか しばらくこれで行ってみます。
e0370226_18263937.jpg






にほんブログ村
人気ブログランキング
[PR]
by kakanonokoko | 2017-03-24 10:00 | 住まい | Comments(6)

 あの頃はスーパーでも売られていた緞通 






e0370226_16545897.jpg
我が家のラグ 3畳くらいのウールのものです。
Francfrancで展示品だったものを 安く買いました。
毛足が2cmくらいでちょっと足が沈む感じがします。
ゴミが目立ちやすい色ですね。
e0370226_16543455.jpg


これは 冬限定。

子供が小さな頃は 8畳の絨毯(カーペット)を敷いて 2度くらい取り換えました。小さな子がいると、とにかく汚れますよね。

30年位前は 絨毯をシャンプーできる掃除機とか 訪問販売があったような記憶があります。
20~30万円くらいしていたかなー。
おうちに来て 実演販売するというようなのも あったような。
そういえば 一度やってもらったことがありました。(これを書いていて思い出しました。)
外国のドラマでも絨毯シャンプーしているシーンを見たことがあるような、、

夏は というと もう20年くらい使っている 緞通 。3畳です。
緞通は 厚みがあって ウールだから 夏涼しくて 冬暖かい。と聞いて 買いました。。
お高いものはとんでもないお値段ですが あの頃は スーパーや新聞に出ている通販でも売っているくらいのものなら 買いやすいお値段でした。
柄が いかにも中国っぽいものじゃない物を探しました。。(お手頃なのはピンクとかグリーンとか多かった)


毛の密度が今使っているラグの倍くらいありまして、とても丈夫で 猫ががりがりしても 全然平気でした。。
かなり 薄くなったので 今は夏だけ使っています。

段通、最近はデパートか家具屋さんにでも行かないと見かけなくなりました。
中国の経済発展のせいでしょうかね。

中国雑貨のお店の 大中もよく行きました。
品物は雑でしたが 値段が安くて まあだいたいは無駄使いだったような気もしますが。
今は人件費が上がっているから あの頃のようなものは売っていないのかな。
あの 新札にあった 大中はまだあるのかな?もうないような気がするけれど。



e0370226_16535806.jpg
今朝は冷え込みました。冷えると空がきれいです




にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by kakanonokoko | 2017-02-28 10:00 | 住まい | Comments(2)

レトロなガラス アンティークな硝子 

e0370226_21302889.jpg
21日朝 ラジオでは 札幌は前も見えないほど 吹雪いている といっているけれど
家のあたりは 快晴。綺麗な日の出。 
逆にこちらが天気が悪くて それなりの服装をして行くと 向こうはいい天気で 失敗 ということもあります。
電車で30分くらいでも 違うんですよね。

でもこの後2時間くらいしたら 
e0370226_21352371.jpg
やっぱ吹雪きました。 1日中こんな天気。 また飛行機が欠航したようですね。

この景色は 家の東側の窓から見える景色。

リビングの隣の部屋ですが、 仕切りの戸はこれです
e0370226_21380234.jpg
朝焼けが映っています。
ここは 元は ガラスがはまっていない 開口部のない戸でした。
なんとなく ガラスの戸だったらよかったな、と思いながら暮らしていました。
今から15年くらい前 顔見知りの建具屋さんと話していて 何気なく 今ある戸に窓を開けられるか聞いてみたところ
出来る とのこと。
すぐに 外して 持ち込みました。
出来上がって 戸を入れてみると 今まで入らなかった光が 朝からリビングに入ってきて 部屋のそのあたりがすごく明るくなりました。
大成功。 樹脂硝子ですが 模様硝子なので 部屋の中が見えないのもいいです。

うちが建てたころは 模様硝子があまり使われなくなっていて 種類も少なかったんですが
今は レトロ硝子 とかアンティーク硝子とか 色々あるみたいですね。

e0370226_21481905.jpg

チェッカーグラス(実家の自分の部屋のうち窓がこれでした。懐かしい)※画像お借りしています





e0370226_21500793.jpg

これもチェッカーグラス。こんなの使いたかったな。※画像お借りしています

e0370226_21523214.jpg
画像お借りしています


モールグラス。 この硝子も 懐かしくて 好きです。
昔の 硝子の扉の本棚があるんですけど こんな風に したいんですよね。
でも自分でガラスの入れ替えは 無理そうなので ガラスシートになりそうです。

こちらのガラス屋さん 昔は古臭いと思っていた 花柄の模様硝子とか 幾何学模様の硝子とか
色々な模様硝子があって ガラス好きとしては見るだけで楽しいです。 家を建てるとき こんなお店が欲しかった。




にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
by kakanonokoko | 2017-02-22 10:00 | 住まい | Comments(2)

トイレの棚をペイント


インテリアがカントリーだった頃の の名残り
e0370226_21415984.jpg
ここの ステンシル。
かなり 古びてきていますね。 毎日見ていて 目が慣れていました。
e0370226_21413307.jpg
トイレットペーパーを入れている棚はフリーマーケットで 300円くらいで買ったもの。
カセットテープを入れるためにDIYで作った棚でした。
あの頃は 木でできたものがあれば よく買っていました。

まだ ステンシルの材料もあまり出回っていなくて 自分で箱入りタオルの透明シートを
型抜きして アクリル絵の具やプリントゴッコの絵の具で やっていました。

色々作った中で 残っているのは この棚ともう一つ 別のところに置いてある 箱だけになっています。
考えてみれば もう25年くらい前なんですね。

かなり くすんできたので 先日キッチンで使った残りのペンキで塗ることにしました。
e0370226_21431793.jpg
壁がちょっとグレーっぽいので ブルーーを少し混ぜて塗りました。


e0370226_21434505.jpg
ペーパーホルダーも同じころの物なので 一緒に塗りました。


入口から見ると

   ビフォー

e0370226_22091346.jpg
   アフター


e0370226_22142203.jpg


ちょっと 明るくなりました。 

トイレットペーパーは 一箱45巻入りを買うと 1年くらい買わなくて済むので
もうずっとそうしています。
ここだけで入りきらない分は 屋根裏の収納庫に入れています。




にほんブログ村人気ブログランキングへ
[PR]
by kakanonokoko | 2017-02-15 10:01 | 住まい | Comments(4)

春が来てまた会えましたね お雛様

お雛様 出しました。
ついこの間 片づけたのに、、という感覚が 
娘が1才の時にお迎えしたのでもう30年 毎年この時期に同じ作業をしているんですね。

まず 片づけた ここに
e0370226_21303788.jpg
台を組み立てます

e0370226_21310493.jpg
e0370226_21315918.jpg
そこに お道具を並べて
e0370226_21322162.jpg
仕丁 随身 五人囃子 官女 さんたちを飾って
(男の人たちの 烏帽子?をかぶせるのが 一苦労)
女雛様を 飾って
e0370226_21325057.jpg
さあ お殿様 どうぞ
e0370226_21331837.jpg
ここまで 1時間半 一人づつ 話しかけながら 並べてゆきます。

1番イケメンだと思うのは こちら
e0370226_21351701.jpg
御姫様(既婚だから姫じゃないのかな)
e0370226_21342958.jpg
殿様

e0370226_21345155.jpg
(この紐を結ぶのが 難しいーー)
子供のころ、実家にはお雛様など無く 雑誌の付録の紙の段飾りでも 嬉しくて
初めて 保育園で実物のお雛様を見たときは 感動でした。

娘が赤ちゃんの頃はTVでもお雛様のCMはたくさんあったし チラシも入ってきたし
デパートはもちろん 大きなスーパーにも売り場ができて 色々なお雛様を展示していました。
最近は このような 7段のお雛様は 持て余されている方が多いみたいですね。
(娘のところも 手作りの小さな小さなお雛様を 飾っています。)
うちは娘が 結婚してからも 毎年 飾っています。

娘が中学生の頃 出版された 梨木 香歩さんの りかさん という本。

その中に出てくる りかさんという市松人形や 主人公の家やお友達の家のお雛様たち そのほかのお人形たちみんなが心を持っていて 色々な思いを抱えている お話しなんです。
これを読んでから 今年も箱から出してあげなくちゃ と いう思いになります。
今は 文庫本になったので 買って 毎年この時期読み返しています。

お雛様 断捨離対象には まだまだなりませんね。

タイトルの台詞が入る お雛様のCM 今年は見かけませんでした。
こういう人形を作る職人さんも 減っているんでしょうね。

[PR]
by kakanonokoko | 2017-02-14 10:01 | 住まい | Comments(2)

お気に入りの物じゃなくても使い続けることもある


洗面所にペンキを塗った話をしましたが、
あるサイトを見つけて えっこんな強者たちがいるの! 驚愕!
私なんて ただペンキ塗っただけじゃない。なに自慢してんだよ(自慢じゃないけど)
ただただ感心しました。洗面台を自分で交換してるし 再利用とかしてるし
このサイト とにかくみなさんすごいです。

話はかわりまして
我が家の居間の照明 これです。

e0370226_22120211.jpg


e0370226_22081411.jpg
(節電のため蛍光灯2本ぬいています)
これを決めるとき 旦那ともめました。もっとシンプルなのをつけたかった私。結局 旦那の発言権の方が強くこれになりました。(今なら勝てると思うけど
この電気 手入れが大変なんです。
ガラスのかさを取り外すのに 落とさないように片手で抑えつつ 銀色の丸い部分をくるくる回して外す。
全部外したら拭いてまた気をつけながらもとに戻す。
土台部分は外れないので 脚立を移動しながら 汚れを落とす。
大掃除の時これをやるたび これ何歳までできるだろうか?選択を間違ったと ホント 後悔してます。


e0370226_22240898.jpg
昨年暮れに時計が壊れて 新調しました。
私にとってはやっと念願がかなって、うれしい出来事。
以前のは 旦那に買ってきてもらったんですが。箱を開けて あー、がっくり だったんです。
e0370226_22273726.jpg
白い文字盤の木枠の時計を期待していたのに なにこのキンキラキン 
まさか まさかの これですか。かなーりショックでした。
高かったので 買い替えるのももったいなく そのままずーっと使っていたんですよ。
最近ではあまり気にならなくなってましたね。

でもさすがの made in japan 33年休まずにちくたくちくたく(100年は無理だったみたい。あれはスイス製かも)
長い間ご苦労様でした。ありがとう。

好みじゃなくても 毎日使っていれば 慣れて気にならなくなることもあれば いつになっても気に入らない物もある
というお話でした。



[PR]
by kakanonokoko | 2017-02-03 10:11 | 住まい | Comments(2)

50代主婦 古びてきた家のこと インテリアのこと 暮らしのこと


by kakanonococo
プロフィールを見る
画像一覧